東名高速道路全線開通50周年

NEXCO中日本

東名ヒストリー(全線開通50周年の歩み)

東名高速道路の全線開通後50年の歴史と、
その当時日本で起こっていた出来事をご紹介します。

1958
名神高速道路起工式
1965
東名高速道路起工式
名神高速道路全線開通
1968
東京インターチェンジ(IC)〜厚木IC 35km、富士IC〜静岡IC 40km、
岡崎IC〜小牧IC 53km開通
大井松田IC~御殿場ICが開通し、
東京から愛知県小牧市まで全長347kmにおよぶ東名高速道路が全線開通。
名神高速道路と接続し、関東と関西が高速道路で結ばれ、日本の大動脈となりました。
関東と関西の自動車での移動時間が大幅に短縮されることになったのです。

東名高速道路全線開通の開通式
足柄サービスエリア(5月)

NHK総合テレビが全番組カラー化を実施

アポロ14号、月に着陸

沖縄返還協定の調印式挙行

NHK総合テレビが全番組カラー化を実施

アポロ14号、月に着陸

沖縄返還協定の調印式挙行

首都高速渋谷線の開通により東名高速と首都高速渋谷線が直結。
それまで渋滞していた環状八号線瀬田交差点の渋滞減少に貢献。

札幌冬季オリンピック開催

上野動物園でパンダ初公開

札幌冬季オリンピック開催

上野動物園でパンダ初公開

小牧JCT開通により、中央道と接続。

中央自動車道の多治見以西が開通し、
東名高速道路と連結(10月)

1974
浜松西IC開通

王選手がホームラン世界記録(756号)達成

白黒テレビ放送が廃止

王選手がホームラン世界記録(756号)達成

白黒テレビ放送が廃止

足柄サービスエリア(上り)高速道路初の宿泊施設「レストイン足柄」オープン。

「レストイン足柄」営業開始(9月)

1979
日本坂トンネル火災事故発生
1981
秦野中井IC開通
1982
中央自動車道全線開通
1986
音羽蒲郡IC開通
1988
裾野IC開通
大井松田IC~御殿場IC間に新たな上り線開通。

東名高速道路大井松田IC—御殿場IC間
7車線化が完成(12月)

1995
厚木IC〜大井松田IC間の6車線化完成。
1998
横浜青葉IC開通
日本坂トンネル新下り線(3車線)開通
1999
磐田IC開通
2001
小牧ICで名古屋高速11号小牧線と接続。

地上デジタルテレビ放送が
東京、大阪、名古屋で開始

地上デジタルテレビ放送が
東京、大阪、名古屋で開始

伊勢湾岸自動車道(豊田東IC方面)と接続。
名神・中国道とともにアジアハイウェイ1号線に編入。
2004
日進JCT開通により、名古屋瀬戸道路と接続。
伊勢湾岸道(豊田JCTから豊田南IC)が開通し、四日市方面と接続。
2007
富士川スマートIC、遠州豊田スマートIC開通。
2009
駿河湾地震により牧之原SA付近の上り線の一部が崩落 115時間で復旧。

はやぶさ (探査機)が
小惑星イトカワから地球へ帰還

東北新幹線八戸駅〜新青森駅間延伸開業に伴い、全線開業

はやぶさ (探査機)が
小惑星イトカワから地球へ帰還

東北新幹線八戸駅〜新青森駅間延伸開業に伴い、全線開業

海老名JCT開通により、首都圏中央連絡自動車道と接続。

圏央道海老名JCTと海老名IC間が開通(2月)
開通区間の「通り始め」

2011
上り線 豊田JCT〜音羽蒲郡IC間、下り線 美合PA〜豊田JCT間をそれぞれ暫定3車線化。

東京スカイツリーが開業

レスリングの吉田 沙保里選手が国民栄誉賞受賞

東京スカイツリーが開業

レスリングの吉田 沙保里選手が国民栄誉賞受賞

新東名高速道路(静岡県区間)開通に伴い、清水連絡路・引佐連絡路で接続。
2014
上り線 海老名JCT〜海老名SA間付加車線延伸
2016
新東名高速道路(愛知県区間)開通
大井川焼津藤枝スマートIC開通
愛鷹スマートIC開通
上り線 豊田JCT〜音羽蒲郡IC間、下り線 美合PA〜豊田JCT間を暫定3車線から2車線へ。
2017
三方原スマートIC開通
5月26日、東名高速道路全線開通50周年